FC2ブログ

そよちゃんのひとりごと

すまいるスペースそよ風の手紙の新保・末吉・そよちゃんが発信します

始まりました

投稿日:2020/01/07 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
2020年、年末年始9日間のお休みも終わり、月曜日からスタート。
体調が悪かった子も元気になり、みんなの姿が見れてうれしく思います。

サンタさんからいただいたおもちゃにみんな夢中で遊んでいます。

今、すまいるスペースの壁にはみんなで作った富士山が姿を見せています。
 
ママたち楽しみにしててね。
全部完成したら写メにてお見せしたいと思います。

さてまだ1月ですが、3月末には卒業シーズン。

就学に向けてを目標に学校とはどのようなところなのか、何をするところなのか、不安にならないように絵などを見せて説明する時期になりました。

そしてママたちとはサポートブック作りをしていきたいなと思っています。

3月末などあっとう間にきちゃいます。
それまでこちらでできることしっかりとやってきたいと思います。

2020年

投稿日:2020/01/02 |  カテゴリー:そよちゃんのひとりごと
すまいるスペースそよ風の手紙に通う子たちへ

明けましておめでとう!!!!

僕はね、おせち料理を1日に食べて、お正月気分を味わったよ。

みんなはどうかな?

すまいるスペースそよ風の手紙は6日月曜日から始まるよ。

待ってるからね。

サンタさんが持ってきてくれたおもちゃでみんな遊ぼうね!!!!

そよちゃんより

あと一日ですね。

投稿日:2019/12/31 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
クリスマスがくるぞ!と思ったらあっと言う間に過ぎ、年末のお休みに入り、すまいるスペースのキッズたちは元気かな??

一年早いとこの時期毎年のように言ってますが、やっぱり早かったです!
そうは言ってもただ時が過ぎたのではなく、いろんな出来事がありました。
いいこともいっぱい、そうでないこともそこそこ・・・。
でも最終的にはポジティブに考え勉強になったなあと思い、感謝しながら乗り越えてきたと思います。

すまいるスペースそよ風の手紙は今も最高のスタッフに恵まれ、ともに目的を持ち児童のことを考え、将来のことを考え、時には一緒に悩みながら、保護者の方々に寄り添い成長を喜び合える場所になってると感じます。

ABAの個別指導と連携で、リトミック、工作、体操、感覚運動、サークルタイム、身辺自立、いろいろな物に触れて遊ぶこと、人とのかかわり、そして楽しいと思えること。
今に至るまでにはいろいろな変化をもたらしてきましたが、幹となる部分はまったく開所時とぶれることなく進んできたと思います。

数年前から代表とも相談し、生活、身の回りを極めてシンプルにしていこうと思って断捨離をかなりしてきました。
年賀状もその一つ。
メールもその一つ。
SNSもその一つ。
自分たちのブログもその一つ。

やめたことによって生まれた時間を家族、プライベート、今与えられた仕事、やるべきことなどにあてました。
断捨離をして何一つ失ったことはなく、むしろ断捨離して正解だったと思えるくらい貴重な時間に充てることができています。

年末年始で9日間のお休みをいただき、リフレッシュして新年を迎えたいと思います。
2020年が明日から始まります。

今年も幸せな一年だったなって思います。
この幸せな気持ちをすまいるスペースのキッズと保護者の方々とスタッフと共有して笑顔で新たな一年をまた良い年にしようと思っています。

お世話になった方々、ありがとうございました。

ではではけいこ先生はこどもたちのことを考えながら、今年の大晦日も年越しそばを食べ、紅白をちらちら見て、一年を振り返り、ははっはと笑いながら新年を迎えたいと思います。

皆様にとって来年もスーパー良い年でありますように♡

22112211.jpg

12月です。

投稿日:2019/12/04 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
11月の後半から二女夫婦が新婚旅行を兼ねて、アメリカから遊びに来てくれました。 いつもは児童発達も放課後も何度かお手伝いに来てくれるのですが、今回は一度だけ放課後に顔を出してくれました。 6年前娘たちがすまいるスペースの開所準備に力を貸してくれて、朝から夜まで毎日、ペンキを塗り替えたり、掃除をしてくれてなんとか開所することができました。なので、すまいるスペースに対する思い入れは誰よりも深いと思います。
12月2日にはアメリカに戻り、にぎやかだったわが家がまた静かになりました。

気が付けば12月、すまいるスペースもクリスマスの準備へとちゃくちゃくと進んでおります。

今日はリトミックで風邪の本を読んでマスクをつける練習を楽しく行いました。
みんなちゃんとできていてびっくりしました。

さて事務所の12月のホワイトボード、書き換えたばかりなのにもうびっちり予定が入っております。
楽しみもいっぱいです。

こどもたちの笑顔を思い浮かべながら、クリスマスの準備をしたいと思います。


来年度(令和2年度)のご利用受付は終了いたしました

投稿日:2019/11/28 |  カテゴリー:しんぼ先生のひとりごと
来年度(令和2年4月~令和3年3月)の「すまいるスペースそよ風の手紙」のご利用児童が定員に達しました。このため、新規ご利用の受付は終了いたしましたことをお知らせいたします。

ちなみに、まだ1年先の話になりますが、児童発達支援の令和3年度の募集は、令和2年11月ごろになると思います。
令和3年度ご利用希望の方は、その頃ご連絡いただけますと幸いです。
また、通所児童の決定は先着順ではございません。アセスメント面談をしてからの決定となります。

放課後等デイサービスに関しては、来年度以降も募集の予定はございません。


お問い合わせいただきました皆様、申し訳ございません。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

         soyochanntetunagi1.png

リトミック

投稿日:2019/11/13 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
新しいテーブルがもう一つすまいるスペースに届きました。

今度は黄色いテーブルです。

これで4つになりました。
みんなの間隔が広まりゆったりとしました。

小さい子用が二つと背の高い子用が二つ

10時15分になるとリトミックの時間が始まります。

この4つのテーブルに全員集合します。

毎回楽しいテーマがあります。

今は「秋」「芋ほり」「焚火」「落ち葉」などがテーマになってきます。
また「森の音楽隊」がすまいるスペースを飾ってくれてます。

個別指導で習ったことをこの時間にも生かしています。

みんなとっても上手に動作ができて楽しそうに過ごしています。

リトミックの先生がいてくれて、音に合わせて季節やテーマにそった工作をしたり、音に合わせて表現したり、そこから子どもたちはたくさんのことを学んでいます。 

楽しく学ぶことがすごく大切だと思います。

成長!!

投稿日:2019/11/09 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
今日は二つの動画が送られてきました。

一つは支援学校に通う児童のママから。
学習発表会での一面。
縄飛びを上手に飛んでました。
いつもの姿とは違う様子が伺われ、すごくがんばったのだなって思って感動しました。

もう一つは卒業した子のママからも動画が送られてきました。
なんとアイロンかけをしてました。しかもかけたタオルの端と端をぴったりと合わせてきれいにたたんでました。

たくさんの成長が見られてうれしく思いました。

今、かかわっている子のママからと卒業した子のママからの動画。
送ってくださってありがとうございます。すごくうれしく思います。

これが私の楽しみであります。
私のファイルにはかなりの量の写真や動画でいっぱいです。

すべて宝物です。

またぜひ送ってください。

フロンターレすごかったんだ。

投稿日:2019/10/27 |  カテゴリー:そよちゃんのひとりごと
ぼくそよちゃん。

昨日はハラハラドキドキしながらサッカーを見てたんだ。
念願のルヴァンカップで初優勝したんだ。
ぼくのお友達のフロン太くん!おめでとう!!!

ぼくがフロンターレを応援するのは
発達に課題のある子どもたちのために落ち着いてサッカー観戦ができる特別なお部屋センサリールームを日本で一番最初に設置したんだ。

クールダウンできる場所や音に敏感な子に配慮のある部屋なんだって。

すまいるスペースを卒業したお友達もそのお部屋で観戦して
フロンターレを応援するようになったんだよ。

ぼくもこれからもずっと応援していくよ!!!
がんばれフロンターレ。

うれしかったこと。

投稿日:2019/10/22 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
笑顔でいたつもりなんだけれど
見抜かれてました。こどもたちはすごい観察力を持っています。

落ち込んだ姿なんぞ見せたつもりじゃないのによまれてたのですね。心の中を・・・・。

景子先生、大好きって抱きついてきてくれるんです。なんどもなんども。

景子先生、景子先生って呼んでくれるんです。なんどもなんども。

うれしくて涙がでそうになりました。

それで元気になりました。

もう大丈夫!

今日のお休みの日は本当にいい日でした。
特別何かをしたわけではないけれど、なんだか穏やかに過ごせた一日でした。

明日からまたがんばります。
今度は私がみんなを笑顔にします。

大型台風19号

投稿日:2019/10/14 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
日本に大きな被害を及ぼした台風19号。

夜、いままでに経験したことのない強い風と雨。
家の中でテレビを見ながら自分の住んでいる場所も近くに川があるから
氾濫するのではないかと思いながら見ていました。

家族、親戚、友人たちと連絡を取り合いながら一夜を過ごしました。

すまいるスペースに通う子どもたちの安全も祈りながら・・・。

このような時思うのが自分の息子のこと。
今は施設で守られているから安心しているけれど、何かあったときあの子は避難所には絶対にいけない。
行きたくなくて行かないのではなく、知らない環境で過ごすことが不可能であるということ。
そのような場所に入った瞬間に大暴れして物を投げたり、壊したり、窓ガラスを割ったりと大パニックを起すだろうと想像がつく。
では訓練したら大丈夫なのだろうか?
21年付き合ってる息子を知る私としては彼の特性とこだわりから考えても、そのような訓練をすればするほど不愉快にさせるだけではないかと思ってしまう。

彼の可能性を否定しているわけではないが避難所の環境はきついだろうなと・・・。

世の中には息子のように避難所のような環境では過ごせない人が何人もいるはず。

そのような時どうしたらいいのだろう。

地震や台風などが来たときいつもそう思うだ。

災害に遭われた方々が一日も早くもとの暮らしに
戻れますようにと祈ることしかできない。
ブログ発信(そよちゃん・新保浩・末吉景子)

soyocyan

ブログリーダーのそよちゃんから一言
「はじめまして、すまいるスペースそよ風の手紙のそよちゃんです。
ボクがリーダーとなって、日々の出来事で感じたことをブログで発信しますね。時々、管理者の新保や児童発達支援管理責任者の末吉も書き込むみたいですョ~。どうぞよろしくお願いいたします。」

検索フォーム
QRコード
QR