FC2ブログ

そよちゃんのひとりごと

すまいるスペースそよ風の手紙の新保・末吉・そよちゃんが発信します

カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

お盆休み、おしまいです。

投稿日:2019/08/15 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
すまいるスペースは、明日8月16日から開所いたします。
また元気なみんなと会えるのを楽しみにしております。

私の休みは事務所にこもっていることが多かったです。
晴れの日はすまいるスペースのお花に水をあげにいきました。
大型連休の時はいつもの仕事内容ではなく、まとまった時間にできることをしました。

昨日は断捨離をしてすごくすっきりした気持ちになりました。

今日はパソコンの中身の整理整頓をしました。
開所当時の写真や卒業した子たちの写真、そして今通所している子たちの写真をきれいにフォルダにまとめました。
みんなかわいくてかわいくて、ずーーーーーっと見てしまい、すごい時間がかかりました(笑)

さて明日からまたがんばります。と言っても明日は金曜日。
また週末がきますね。
私の本当の夏休みはこの週末かもしれません。

絵カード使用のコミュニケーション

投稿日:2019/06/30 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
私は絵カードを使ってのコミュニケーションは言葉がまだ出ない子、出にくい子、文章を構成するためのツールとしてもすごく有効だと感じております。
アメリカのある一部の学校ではこのツールをほとんどの子が持ち歩き、学校や家庭どこに行くのも離さずに活用していました。

この絵カードを使ってのコミュニケーションツールがあったから、こどもたちが何を要求したいのか少しでも伝わること伝えられることの喜びをお互いが感じられることは素晴らしいことと思っております。

何人かの児童にこのツールを活用していただいておりますが、決して言葉を出す妨げにはなっていません。
むしろ、伝たわったうれしさを感じられるようになることと同時に言語指導も行っています。

もちろん絵カード以外のコミュニケーションツールもよいと思います。
その子に合うものであればそれが一番です。

今日は自分の息子にも新しく絵カードを追加しようと作成中です。
少しでも気持ちが伝わればどんなにいいかと思って心を込めて作ります。
彼の笑顔が増えるために・・・。

みんなすごい!

投稿日:2019/06/14 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
新しいお友達が4月から通い始めてまだ2か月半なのにみんなすっかり慣れています。

集団の中ではたくさんの学びがあります。
お友達の真似をしたり、やり取りがあったり、ルールに添って行動したり、
リトミックの時間にはそのような課題を取り入れて取り組んでいます。

*みんなで電車になって室内をぐるぐると回り、踏切がおりたら全員止まるなんてすごく上手にできるのです。
 音に合わせてしっかりと動けるようになっています。

*みんなの前では「はーい」と手をあげて返事をするのが苦手だった子も
 少しずつ手が上がり小さいながらも声が聞こえたりしています。

*なかなかみんなの輪に入れず、別の机と椅子に座っていた子も今ではすっかりみんなと一緒に活動しています。

*体操の時間に参加することを躊躇していた子が今では先頭きって身体を動かしています。

みんなすごい!ちゃんと学んで成長しています。

母の日だから

投稿日:2019/05/12 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
今日は5月12日 母の日です。

ママにとって特別の日です。
毎日毎日一生懸命のママたちに感謝する日でもあります。

本当は毎日感謝されているのだろうけれど、
この日はちょっと言葉にして、お花を渡してありがとう伝えましょう。

3.jpg

2.jpg

1.jpg


新年度を迎えて

投稿日:2019/04/15 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
満開の桜とともに新しいお友達がすまいるスペースにやってきました。

それからあっという間に2週間が経ち
満開だった桜の花びらは見事に道路を埋め尽くし
夢見ヶ崎動物公園の通りは美しいピンクのじゅうたんになっています。

ママと離れるのが初めてだった子も泣いちゃった子もあっとう間に慣れました。

新しいプログラムをいくつか導入し、週に一度は私がキーボ―ドを片手で引きながら歌を歌っております。
そのうち両手で引けるようにがんばろうと思っています。

昨日、こどもの日に向けての紙芝居が事務所に届きました。
読むのが楽しみ~とスタッフが張り切ってくれてます。

保護者面談も始まり、新しく支援計画をたてるための相談をしております。

まだ小さいと思ってた子たちが年長さんでびっくりしたりします。

こどもから教わることの多いこと。
学んでるのはこどもたちだけではなく
私たちの方がたくさん学ばせていただいてるかもしれません。

そんな気持ちで新年度を4月1日からスタートし、すまいるスペースは6期生を迎えました。
4月2日は世界自閉症啓発デー、一般社団法人そよ風の手紙が7年目に入った日です。

今日は事務所にあるホワイトボードの半月分が消えようとしています。
相変わらず、ホワイトボードのホワイトの部分がなくなるくらい予定が埋まります。
書き込めないくらいになる日があります。
相変わらず動き回っていますが、すごく楽しくお仕事をさせていただいております。

卒業式

投稿日:2019/03/14 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

もう一人の卒業式へ

5年前に結婚式出席のために新調したスーツ
着れるのか?絶対無理だろう!そう思っていました。
両手を思い切り上に上げなければなんとか行けそう!
普段とはかけ離れた服を着て卒業式へ。

この日も晴天。Nくんの卒業式。
彼は絵を描く天才少年。
すまいるスペースをすまスぺと呼び始めた第一人者。

以前Nくんの携帯からメッセージが入る。
まだ送迎に来てくれないのですか?
Nくんまだ送迎の時間じゃないよ!待っててね。
もう待てません!というようなやり取り。

すごくすまスぺを好きでいてくれたんだなあって思う。

すまいるスペースを始める前からNくんのお父さんとは仲間として活動をお互いに応援しあっていた。

Nくんの卒業式で泣かないわけがない。
我が子のように思って、やっぱり泣いてしまった私。
卒業しても応援し続ける。

Nくんご卒業おめでとうございます。

写真 2019-03-14 9 03 241

卒業式

投稿日:2019/03/08 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

青空が広がり、鷹野大橋から見える富士山は真っ白で美しく
今日というこの日にぴったりの姿でした。

今から8年前息子の養護学校小学部の卒業式。
転校生でその学校には半年くらいしか通ってないのに誰よりも涙があふれた私。
生まれてからいろいろなことを乗り越えてその日を迎えたから。

そして今でいう放課後等デイサービスのスタッフの皆さんが卒業式に来てくれてすごくすごくうれしかったこと。
今でも忘れない。

その気持ちがあるから
この事業を始めたときから決めていたこと。

高等部を卒業する子の卒業式には代表と一緒に出席すること。

その日が今日でした。

最初から涙が出てきて止まらなくなってしまいました。

今日はなんだか心がキュンとする一日でした。

卒業式でのビデオ上映。
息子の卒業式を思い出しながら、支援者としてそして親としていろいろな思いが浮かんできました。

365日の紙飛行機の曲。
今日はこの曲を聴くだけで涙があふれてきます。

卒業おめでとう。
本当におめでとう。
卒業証書を受け取ったあなたの姿はとても立派でした。
これからもずっとずっと、すまいるスペースそよ風の手紙の我々スタッフ一同は、Mくんあなたを心から応援していきます。

sakura.jpg


卒業シーズン

投稿日:2019/03/03 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
土曜日はスタッフ会議が朝からありました。
とっても中身の濃い内容のものでありました。

そのあとずーーーーっと事務所にこもって卒業アルバム作成しておりました!!!

ようやく数名のアルバムができあがり気が付けば23時を過ぎていました。

すまいるスペースの歴史を感じる時間でした。

うゎ~こんなちいちゃかったの?
それから・・・・
いろいろな真似が上手になったよ
何か言ってるね
ことばが出てきた!
字がかけたよ
名前がかけるようになった
本が読めたね。
自分でトイレに行けたよ
ご飯を残さず食べれたね。
好きなことが増えたね。
服を自分で着れたね。
お友達におもちゃ貸してあげたね。
自己紹介ができるようになったね。
作文が書けたよ。
自分の思いを伝えられたね。
サッカー上手、いつかJリーガー?
大広間でプラレール何台も走らせたね!


そして今日も楽しかったね。

みんな成長はそれぞれ。
大きくなったね。
時が経つのは早い早い!
その成長をママやパパとともに感じられたことうれしく思います。
この時期は本当にさみしくなります。
もっと一緒にいたいけれど
なかなか会えなくなるのがつらいけれど
別の場所から応援していきたいと思っています。

あと数名のアルバム作りがんばります。

flower.jpg


早期療育の大切さ

投稿日:2019/01/27 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
早期療育はすごく大切だと思う。
アメリカでABAの修行を積んでいたころ(笑)
未就学のうちに療育をしっかりと受ける大切さを学んだ。
週40時間のセラピーが理想的だが最低週20時間受けると効果はてき面!と言われてた。

ABAとTEACHとPECSとVBを中心とした療育。
そしてPRTとRDI
それってなーに???っていう人が大半かもしれない。
今、なんでも療育というが、このようなエビデンスのある療育をしているところ児童発達支援のどこにあるんだろう?
こどもたちのために療育機関を作りたくて児童発達支援を開いた事業所はいくつあるんだろう?

そう考えると親御さんたちは一生懸命調べてこどもの居場所を決めた方がいいと思う。
自分の子がもし未就学だったらここは行かせたくないってところ結構あるような気がする。

自閉症を伴う息子の母として

投稿日:2019/01/14 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
母として

いつもはけいこせんいとして書いてますが1月なので母として息子のことを少し書こうと思います。。
新年を迎えたと思ったらもう14日も経ちました。早いです。
昨年9月に20歳を迎えた息子です。
先日、成人式のスーツを見立ててもらいに紳士服店に行ったそうです。
最初は嫌がったらしいです。(思った通りではありましたが)
結果はだんだんと落ち着き、最終的には寸法を測ってもらうことができたそうです。
19日に市民プラザにて成人を祝う会の集いがあるそうです。
きっと立派に成人として成長した彼がそこにいると想像しております。

昨年息子は11月3日の川崎フロンターレの試合を等々力競技場で前半戦のみ観戦することができました。
私は暴れるだろう、人込み、待つことが苦手なだけにどうしようかと、心配で付き添っていただく方とも相談したのですが・・・、結果
フロンターレが得点を入れるとサポーターの人たちと同じようにタオルを回して喜んだそうです。
この日、私も行きたかったのですが、事情があり行かれませんでした。
おかげ様で私の分も応援してくれてこの試合も勝つことができました。
親子で別の場所ではありながらフロンターレを応援していることをうれしく思います。
Thank you!!!
フロンターレは連覇し2冠を取ることができ、1年を通して応援してきた私たちは本当にうれしい限りです。
今年は3冠を狙い、また親子で一緒に応援できることを楽しみにしております。

20歳を迎えた自閉症を伴う息子の母としても20歳となりました。
決して平たんではなく、大変なこともいっぱい。悩んだこともいっぱい。
たくさんの人の力をかりてきました。
今となれば、彼のゆ----っくりな成長にたくさんの喜びを感じています。

今、すまいるスペースの子どもたちと出会えたのも彼から学んだことが生かされています。
今日はそのことに感謝しつつ息子の成人を祝いたいと思います。

すまいるスペースに通っている子どもたちもいつか20歳を迎える日がきます。
その時はわが孫のように喜びたいといまから楽しみにしております。


ブログ発信(そよちゃん・新保浩・末吉景子)

soyocyan

ブログリーダーのそよちゃんから一言
「はじめまして、すまいるスペースそよ風の手紙のそよちゃんです。
ボクがリーダーとなって、日々の出来事で感じたことをブログで発信しますね。時々、管理者の新保や児童発達支援管理責任者の末吉も書き込むみたいですョ~。どうぞよろしくお願いいたします。」

検索フォーム
QRコード
QR