FC2ブログ

そよちゃんのひとりごと

すまいるスペースそよ風の手紙の新保・末吉・そよちゃんが発信します

一人当たりの空間は?クールダウンのスペースはありますか?

投稿日:2018/04/18 |  カテゴリー:すまスぺを選ぶ理由
すまいるスペースそよ風の手紙の室内スペースは約80㎡です。


IMG_5772.jpg


あまりピンと来ないかもしれませんので、一つのある基準を挙げますね。

いわゆる「児童発達支援センター」においける指導室の広さの最低基準は、一人当たり2.47㎡以上と定められています。

つまり10人とすると2.47㎡×10人=24.7㎡になります

そう考えると弊事業所の広さをお分かりいただけるのではないでしょうか。


しかしながら、これは児童発達支援のセンターにおける基準のため、それ以外の児童発達支援そして放課後等デイサービスは施設基準としては、設定されておりません。
つまり、この基準に適合しなくても事業所を開設できるということです。

例えば、放課後等デイサービスの事業所。マンションの一室で運営されている所もあることでしょう。
放課後等デイサービスのある事業所を例に挙げさていただきます。

×××放課後等デイサービス(〇〇マンション2F) 40.49㎡

つまり、定員10人で換算すると、 40.49㎡÷10人=4.49㎡/人


しかしながら、マンションの一室ですので当然、洗面所やトイレもあり、さらに部屋も分かれていますよね。

と考えると、センターの基準よりも、さらに狭い空間になると想像できます。


発達に遅れがある児童の中には対人との係りを苦手にされている児童は少なくありません。

その中でのこの距離感。苦痛に感じる児童も多いのではないでしょうか。


hitogomi.jpg

ちなみに、すまいるスペースそよ風の手紙は多機能型事業所のため、児童発達支援の時間中は平均5~7名。
放課後等デイサービスも同様です。

計算してみると、

80㎡÷7名=11.4㎡ 

これは、縦3.4m×横3.4㎡が児童一人当たりの空間ということになります。


すまいるスペースそよ風の手紙が、いかに余裕のある広いスペースなのか、お分かりいただけたのではないでしょうか。


さらに大事なのは、空間が少ないということは、聴覚過敏の児童の逃げ場や、パニックや癇癪を起された場合のクールダウンのスペースが確保されにくいということでもあります。

児童の特性やクールダウン等を考えた場合、やはり空間の確保はとても重要な項目の一つなのです。




「空間の広さ」や、「逃げ場のある空間」の大切さ。

ぜひ、事業所選びの参考になさってくださいね。

ブログ発信(そよちゃん・新保浩・末吉景子)

soyocyan

ブログリーダーのそよちゃんから一言
「はじめまして、すまいるスペースそよ風の手紙のそよちゃんです。
ボクがリーダーとなって、日々の出来事で感じたことをブログで発信しますね。時々、管理者の新保や児童発達支援管理責任者の末吉も書き込むみたいですョ~。どうぞよろしくお願いいたします。」

検索フォーム
QRコード
QR