FC2ブログ

そよちゃんのひとりごと

すまいるスペースそよ風の手紙の新保・末吉・そよちゃんが発信します

カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

Mくんのおかげで、きれいに咲いてるよ!

投稿日:2021/02/26 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
以前すまいるスペースに通所されていたMくん。
Mくんは時々すまいるスペースに来てくれる。

Mくんが通所していた時、彼はすまいるスペースのお花に毎日のようにお水をあげてくれてた。

その前は春になるとお花を取り換えていてたのが、Mくんがお水をあげてくれたおかげで、小さなプランタ-から太い根を張り、大きく育ち、毎年きれいなお花が楽しめます。

今年もMくんが来てくれた日は、ちょうどお花が咲き始めてきたのですごいよいタイミングでした。

写真をいただき、うれしく思いました。

心の優しいMくんのおかげで今通われてるお友達、保護者様、スタッフ全員、そしてすまいるスペースの前を通る人たちの心にそのやさしさが伝わっています。

ありがとう Mくん

S__136765449 (2)

S__136765447 (2)


卒業しても💛

投稿日:2021/01/31 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
時々うれしすぎることがあるのですが、先日もすまいるスペースを卒業した児童とママが訪ねてくれました。
いつも元気で素晴らしく成長されてる姿をみては涙が出てきてしまうのです。
卒業してもほとんどのママとはラインで繋がり、やり取りを続けています。
写真を送ってくれて成長を一緒に喜んだり、時には一緒に悩んだり。
私たちすまいるスペースの仲間は毎年増えています。

学校で褒められたり、成績がアップしたり、苦手だったことが得意になっていたり
ママが自慢できる場所として、
時には学校でもめ事が起きたり、悩みをぶちまける場所でもあります。
一緒に喜んだり、悩んだりしていきたいという気持ちでずっと繋がっています。

そして先日卒業した児童のママからこのような報告がありました。
すまいるスペースの上にある公園にパパと来て、手前のおだんご屋さんから反応を示し、すまいるスペースの前ではその反応がピークになったと伝えてくれました。
やっぱり通っていた日々は貴重だったんだ、そしてママにとっても大切な時間だったとおっしゃってくださり、すまいるスペースやってよかったなあと目頭が熱くなりました。

卒業しても繋がってることは、私にとってすごく大切なことだと感じています。

今年も卒業を迎える児童がいます。
泣かないで送り出せるかな?

明けましておめでとうございます。

投稿日:2021/01/03 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
新年明けましておめでとうございます。

soyochan_tetsunagi2.png

2021年がスタートしました。
久々にブログを書いております。
そよ風キッズたちのお正月は楽しかったかな?
美味しい物いっぱい食べたかな?

私の年末年始は川崎フロンターレのリーグ戦の優勝と元日の天皇杯初優勝で飛び上がり、中村憲剛引退で涙したお正月でした。
また家庭菜園を初めて、さやえんどうをベランダで作って楽しんでおります。

昨年のすまいるスペースは28日まででしたが、29日までは環境設定と感染防止対策でいろいろと忙しくしておりました。
年末年始ですまいるスペースの環境はかなり変わりました。
改めて環境設定の大切さを実感しております。

コロナの感染が増々広がっておりますが、感染が始まったころの危機感を忘れずにしていきたいと思います。

今年はもう少しブログに力を入れようと思います。

明日からみんなの笑顔に会えるのを楽しみにしております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


ABA調査アンケートの意味するもの

投稿日:2020/11/19 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
ABA(応用行動分析)。

この言葉を初めて耳にしたのは今から20年前だ。
アメリカ人のドクターによって自閉症と診断された息子がいたからこそ知ることができた。
当時、日本では「ABA」をというもの聞いたことがない人の方が多かったと思う。
その後ABAについて深く学ぶこととなるが、情報を集めることすら困難な時代であったような気がする。

渡米をし、ABAのセラピーを毎日受ける息子。
息子へのセラピーはかなり恵まれた環境にあって、セラピストはPhd.(精神科医)、ST(言語療法)、OT(作業療法)、BCBA(行動分析士)と専門知識を学ぶ学生がほとんどであった。
そのころの日本では、ABAについて書かれた書籍は少なく、キャサリンモーリスの「わが子よ、声を聞かせて」とDr.ロヴァースの「TheMeBook」という本(英語)が私のバイブルであった。

そこから早期介入のABAの効果を知る。

ABAセラピーを自分の子どものみならず、日本に普及させるための活動にも参加してきた。
しかし、私が一つ心配していたのは、ABAのセラピストの普及には時間がかかるだろうということだった。

そして日本にABAが浸透するまで、20年近くの時が過ぎた。

児童発達支援の制度が始まる前からABAのセラピーを公費で受けられる日本にしたい!そう思って10年前に帰国した。
2013年には障害児通所支援事業として児童発達支援が制度化される。
ここ数年で、ABA療育という言葉を知る人も増えたと感じる。

先日、弊法人当てにABAに関してのアンケートがメールで届いた。
そのアンケートを回答しながら、その目的がすぐに理解できた。

今、良くも悪くも一つのブームのようになっているABAの療育。
恐らく、それを取り入れている事業所が、真に専門性を備えているのかの調査であろう。
アンケートをすすめながら、うなずく自分がいた。

アンケートを作成した人の中に、数人の知り合いがいたことにも驚きを感じた。
懐かしさを覚えると同時に、ABA療育に出会った頃、無我夢中で勉強していた自分を思い出した。

imaged

避難訓練

投稿日:2020/09/21 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
少しは涼しくなったような感じがします。
特に今日は朝気持ちがよかった。

ここ数年、冷房を止めるとあまりエアコンを休ませることなく暖房に切り替わるような気がします。

こんな時期は調が崩れやすかったりするのですが、
今年は風邪もひけない!なんだかそんな気分です。

お知らせが遅れましたが、9月1日に避難訓練を行いました。
避難訓練はとても大切で毎年2回は行っています。
1か月前くらいかな?スタッフの数名の携帯から緊急地震速報が流れました。
実際地震は来なかったのですが、スタッフ全員が子どもたちを部屋の中心に集め頭を低くして避難できる体制をとりました。
ほんの数秒でした。
訓練をしているからこそできた行動だと思いました。

今回の避難訓練はいつもと違って、コロナのことも考えつつ、密を避けることも少し頭に入れて行いましたが、実際だったらそんなこと考える余地もなく避難するのだろうと・・・。

私事ではありますが、先日、息子が22歳になりました。
2歳半で自閉症と診断されて、あの日から19年と半年という月日が流れたのですね。
ケーキを独り占めして食べた姿は22歳になっても微笑ましかったです。
アメリカにいる姉達二人も、ラインで参加してお誕生会しました。




新型コロナウィルス対策

投稿日:2020/07/20 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
久々に更新してます。

新型コロナウィルス収まるどころか増え続けてきています。

朝、鍵をあけて、窓を開けて、大型のファンを2台回し、掃除と消毒をします。
トイレの消毒はかなり徹底しております。

スタッフと朝のミーティングでコロナの話題抜きで終わったことがないです。

感染防止!できるだけのことはしようと思っています。

スタッフの入退室時の支度はいつもだとみんな一緒に入る部屋も一人一人時間差で入ります。
そしてマスク、手袋、フェイスガードを着用します。

フェイスガードとマスクは長時間はかなり息苦しいです。
最近少し慣れてきたのですが・・・。

児童とスタッフの手洗いはもちろん、室内の換気、指消毒、室内の消毒、スタッフはトイレを使用した後必ず消毒をするようにしています。一日に何回もします。手袋もこまめに取り換えます。

子どもたちは固まりやすいので密を作らないようにしています。

すまいるスペースのテーブルの並びも変えました。
対面にならない工夫です。

それでも100%にはできないです。
それに近い努力だけはしていきたいと思っています。

一日も早く、終わってほしいです。
でも終わりそうもない・・・。

母の日に

投稿日:2020/05/10 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

今日は母の日ですね。
以前そして現在とすまいるスペースに関わるすべてのママたちに

Happy mother's day!!!!

このコロナの状況の中、こどもや家族を守るために奮闘しているママたち
本当にがんばっているのが伝わります。

きっと母の日だっていつもと変わらずがんばっているのでしょう。

私自身も今日94歳の母に「いつもありがとう」と伝えました。
どんなお花のプレゼントよりすごくうれしそうに笑ってました。

そよ風キッズもみんな心から「ママありがとう」って毎日言ってると思います。

ママたちへ
去年母の日にプレゼントしたお花です↓

写真 2019-05-11 8 48 47232

写真 2019-05-11 8 48 09121

ゴールデンウィーク中

投稿日:2020/05/03 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
朝、朝の光が窓からさして目覚めてません。かーちゃんのいびきで起きました。

ここのところ早めに寝て5時過ぎに目がさめます。

今日も良いお天気で、窓を開け、背伸びをし、顔を洗い、ルボイスティを足を組んで飲む自分の姿にあれ?誰かと同じ?と思いつつ

鳥のピッピッて鳴き声に目を細めていると、「カーカー」と大きな声。

気が付けばもう5月3日。
我が家は先日まで暖房、そして近いうち冷房!エアコン様もフル可動です。

買い物を通販にしたら莫大なば~くだい!な請求にびっくりして目が覚めました。

ママたちとは毎日のように連絡を取り合い、体調を確認し 励ましあって、情報交換をしております。
スタッフも一緒です。
子どもたちもいろいろありながら、元気にいることが安心です。

アメリカにいる娘たちともほぼ毎日ビデオ電話で話をします。
たまってるのでしょうか?次女、話しが止まりません。こっちが一生懸命止めているのに止まりません。

さて、これから母を起して、清拭をして今日のスタートです!

よい一日になりますように♡

新型コロナウィルス

投稿日:2020/04/21 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
こんなにも生活ががらりと変わってしまうなんて・・・
数か月前、誰が想像していたでしょう?

桜が満開になり本来なら動物公園に人がたくさん来る予定だったのがまばら。

こんな風景はいままで見たことがありません。

この変化にまだまだついていけない私です。
いままでどれだけ幸せな日々を送っていたことか、今となると深く感じることができます。
でもこのような状況の中でもできるだけ笑顔で過ごしていたいと思っています。
ポジティブなことだけを考えていたいと思います。

一日も早く収束してくれることスタッフ一同願うばかりです。

卒業

投稿日:2020/03/29 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
すまいるスペースの花壇のお花は満開
そしてすまいるスペースの前の桜も花びらを開き始めて、ピンクがまた美しい時期となりました。

先週の金曜日から2名ずつ卒業をしていく子たちを見送っております。
これからは遠くから応援します。

誰よりも楽しんで誰よりもがんばった子どもたちに拍手を送りたいです。

この時期さみしくなっちゃうのですが、あっとう間に新年度でバタバタ~とします。

笑顔で見送って、笑顔でお迎えをする時期です。

まだまだ元気でいないと・・・。


ブログ発信(そよちゃん・新保浩・末吉景子)

soyocyan

ブログリーダーのそよちゃんから一言
「はじめまして、すまいるスペースそよ風の手紙のそよちゃんです。
ボクがリーダーとなって、日々の出来事で感じたことをブログで発信しますね。時々、管理者の新保や児童発達支援管理責任者の末吉も書き込むみたいですョ~。どうぞよろしくお願いいたします。」

検索フォーム
QRコード
QR