fc2ブログ

そよちゃんのひとりごと

すまいるスペースそよ風の手紙の新保・末吉・そよちゃん・かぜちゃんが発信します

カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

支援計画を立てながら

投稿日:2022/05/26 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
すまいるスペースから幼稚園や小学校に行かれた児童の方々は
新しい場所での生活から2か月が経ちますね。

きっと慣れてきていると思います。

親御さんは、トラブルが起きてないか心配でしょう。

子どもも新しい場所で一生懸命なのかなと想像しております。


個別支援計画をたてながら思うのですが、
今の現状を明確に出します。

そこから個人の今後必要なスキルを伸ばそうと
課題と支援の仕方と考えます。
課題と支援の仕方は個々に違います。
細分化をします。(これは私の得意なところです)
アプローチの仕方も細分化します。
時に教材もそうです。

その内容はなるべく将来に役に立つような内容を想定します。

保護者の方々にも
お話をしたことがあるかもしれません。

とても大切なことは強化です。
達成感を味わい、
自己肯定感を高めることは将来にとってとても大切なことです。
それは本人の生きる力となります。

なので今、そこで起きている問題は
解決しなければならないこともあるでしょう。
けれど今の子どもの現状を受け入れて
ノルマを作らないこと。
それは今できてることを少しずつ積み上げていくこと。
来月までにこうしなくちゃ、
来年までにこれができないと・・・
ではなく焦らず積み上げること。

そして問題を解決でする一番良い方法は
その場所のそこにかかわる人たちと
良く話し合うことです。

支援計画を立てながら、感じたことを書きました。

3冊のアルバムから

投稿日:2022/05/15 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
3月に母が亡くなり、遺品を残すより天国から見守ってもらおうと決め、
断捨離をしました。

アメリカから息子が小学校6年生の時に日本に帰国して養護学校に通いはじめ
小学校、中学校、高校での3冊のアルバムを棚の奥から見つけました。

笑ってる姿、活動する姿、楽しそうに食べてる姿、勉強している姿、
修学旅行を楽しんでいる姿、掃除をしている姿、
3冊の中にいろいろな活動を通じて、
先生たちの思いも伝わってきました。

2010年、私はシングルマザーとなってアメリカから帰国、
ABAの仕事をしながら、息子えっくんと住める
環境を探し、そこで2年近く2人で暮らしました。

帰国と同時に父が肺がんと診断され
その治療に毎日通院の付き添いをしました。
でも大好きな息子、両親と
一緒に過ごせる時間は何よりも
幸せな気持ちでいっぱいでした。
根底には、その思いしかないのです。

週末は息子と出かけ、トレッキングや富士山を見に行ったり
すごくうれしい気持ちでいっぱいになる反面、
思春期、身体の成長、不安定になる時期がありました。

そこから母一人では対応できないことが増えていきました。
その中・・・

今思うと本当にたくさんの人に
助けられて来ました。

息子の成長を一緒に喜び、一緒に悩んでくれて、
いつも誰かが手を差し伸べてくれました。

その経験から今の私という支援者がいます。

当時のことを、アルバムをめくりながら思い
断捨離がなかなか進まずでした。

ほんの少しだけ片付いた部屋を見て
施設で生活をしている息子に会いたい気もちでいっぱいになり涙が出てきました。

写真 2022-04-26 17 40 54


ゴールデンウィーク真っ只中!!!

投稿日:2022/05/05 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
そよ風ファミリーの皆様 
ゴールデンウィーク真っ只中ですが、
いかがお過ごしでしょうか?

今年は5月2日と6日以外お休み。

すまいるスペースではよくパネルシアターをします。
いくつか種類があるのですが、
「はたらく車」はみんな大好き。

曲がかかると手を叩いたり、
身体を左右に揺らしてリズムを取っています。
一人一人に配られた絵をペタリとボードに
貼る順番を身を乗り出して待っていたりします。
その姿を見ているとスタッフの方も楽しくなっちゃいます。

新しく入ったお友達もちゃ~んと参加できてました。

写真 2022-05-02 13 15 59

これからも児童が楽しめることをたくさん増やしていきたいと思います。

フィードバックしましょう!

投稿日:2022/04/22 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
私の家族はアメリカにいます。
来年(本当は今)には私の方から娘たちに会いに行きたい。
そんな気持ちになりました。
ここ最近そう思うことが多くなりました。

家族は会っている時は思わないかもしれないけれど
会えないととても大切な存在と気が付きます。

今はビデオ通話があるのですごくありがたいのですが、
やっぱりハグしてあげたくなるし、してもらいたくなります。
アメリカの環境に20年以上いたので特にそう思うのかもしれませんね。

さて、すまいるスペースでは新年度をむかえ新しい児童も少しずつ慣れてきました。
まだ1か月経ってないけれど・・・
ずっと泣いてた児童もだんだんと周りを見て、
泣くのをやめて、遊びはじめたりして・・・

こどもたちは覚えるのが早い早い。
逆に私は覚えることが遅くなってきましたが
これからもみんなの成長のお手伝いをしていきたいと思います。

ここのところ毎日キーボードをひいて、
みんなと歌に合わせた活動をメインにしていましたが
そろそろ保護者の方たちとゆっくりお話しをしたいと思います。
まっててね。

写真 2022-02-18 17 30 011120

春ですねえ

投稿日:2022/04/10 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと

春ですねえ~
桜が散ってますね。
今年はもしかしたら桜を見る機会が多く
美しい風景に出会えてうれしく思う私です。
花粉症には悩まされますが・・・。

ここのところ、事務処理に追われている私です。(やる気の問題かも!)
3月、4月はすまいるスペースはバタバタしております。

新年度はまだ始まったばかりですが、すでに数回通われた児童は
もう一日のプログラムの流れをつかみ始めています。

自分のこどもが小さいころは気が付かなかったことですが、
子どもの成長は早いです。

だからこそ早期療育の大切さをしみじみと感じるのです。

1期生~7期生までの以前通われてた保護者の方々から
学校の卒業式や入学式のお写真をいっぱいいただいております。
懐かしくもあり、成長がすごくてびっくりしております。
みんなおめでとう❤

写真 2022-04-09 17 00 51

おまたせいたしました!!!

投稿日:2022/03/27 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
ようやくブログを書くことができます。

保護者の方々のご理解をいただき大変感謝しております。
またスタッフのみなさん、
かぜちゃん、そよちゃん、新保先生 
サポートしてくださり本当にありがとうございます。

母も天国ですまいるスペースの児童のみなさん、
そして私の事を見守ってくれてるのだと思います。

以前のようにこちらで、すまいるスペースの
ご様子などお伝えしていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

写真 2022-03-20 9 37 33




あの日に思ったこと

投稿日:2022/03/13 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
身体が動かなく、物も食べずに2か月が経ち、
その母の面会が毎日続いていて
少しばて気味の私ですが
面会できることに感謝しております。

保護者の方々、スタッフのみなさんにも
すごく優しい言葉をかけてくださってありがたいです。
その言葉ですごく助けられています。

3月11日、11年前のあの震災の日
私はもし自分の息子が避難しなければならないにしても
避難は難しいとなと、とっさに思いました。
その答えは今でも出ていません。

重度の知的障害を伴う自閉症の息子はどうなるのだろうか?
初めての場所、慣れない場所、知らない人が集まる中で
大きな身体でパニックを起こすと想像がつきます。

と同時に世の中には避難所では過ごせない息子のような方がいっぱいいるのではと・・・。

それでも今、児童の避難訓練の様子を見ていると
回数を重ねることに落ち着いてきているのがわかります。

何も起こらないことを祈りつつ
そしてどの人も安心して過ごせる場所がたくさんできるといいなと願っています。

けいこせんせい


やさしい❤

投稿日:2022/02/15 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
Yくんが言った。
「ぼくのお友達の〇〇ちゃんが引っ越しちゃうんだぁ~。」
私は「Yくんはその〇〇ちゃんとすまいるスペースに以前通ってた
Mちゃんとどっちが好きなの?」
するとYくんは「両方!」と答えた。

私は、「Yくんは〇〇ちゃんとMちゃんの両方と
今通っているEちゃんのどっちが好きなの?」
するとYくんは「両方」と答えた。

私は、「Yくんは〇〇ちゃん、Mちゃん、Eちゃん、とけいこせんせいどっちが好き?」と
聞くとYくんは「みんな」と答えた。

ひそかに「けーこせんせい」と言うかと期待したが・・・

Yくんが続けた

「ぼくはみんなを大切に思っているんだよ」

うわーーーーYくんはやっぱりやさしい!

すごくうれしかった❤

S__62316568.jpg

もう一つ、うれしかったのは今日Hくんのママから
Hくんとママが作った作品。
かわいいでしょ。
素敵。

写真送ってくれてありがとう!!!

PRTという方法

投稿日:2022/02/07 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
今日はPRTという方法について少しお伝えいたします。

ABAではあるのですが
PRTというプログラムがあることをみなさんはご存じでしょうか?

PRTとはロバート・L・ケーゲル博士とリン・カーン・ケーゲル博士が開発した
Pivotal Response Treatment「機軸行動発達支援法」 

私はカリフォルニア州サンディエゴに住んでいた時に
このPRTという方法をチルドレンズホスピタルで3か月間息子と一緒に
訓練を受ける機会をいただきました。

当時4歳か5歳だった息子を連れて行くと、
そこにはちょっと背の高い本棚に
おもちゃがたくさんおいてありました。

息子はさっそく自分が遊びたいおもちゃに手を伸ばしました。
すでに強化子を自分で見つけたわけです。
それを軸に介入をしていきます。

それが自分で選んだものであるから
その時はその中では一番強い強化子となるわけです。

ABAは指示 動作と(必要であればプロンプト) 強化となる方法が一般的ですが
家庭で介入をして難しいな~って思ったら
まずはPRTから初めてみてもよいかなと思います。

PRT、ABAと打ち込むといろいろなところで検索ができます。

そして私はこのケーゲル博士のセンターに連絡を取りPRTをもっと深く勉強したいと
伝えるとすべての参考図書やマニュアルブックが我が家に送られてきました。
その中で問題行動の対処法のマニュアルがすごくよくて
自分なりに日本語に訳して、参考にしていたことを思い出します。
その後、息子の家庭でのABAセラピーは続くのですが
机上以外の場面でPRTを取り入れて接していた時期がありました。

BF1EA07D-5705-4ECC-BEED-BAA3225F13F4.jpeg

今では日本語での著書もいくつか出ています。

検索してみてください。


天才!

投稿日:2022/01/31 |  カテゴリー:けいこ先生のひとりごと
Yちゃんが古いエプロンのこと、しんぼ先生に言ってくれたから、
今日から新しいエプロンで出勤❤ありがとうYちゃん。

今日はHくんの食事のお手伝いをした。
PECSコミュニケーションBookを使って言葉がでる。
「チーズを一つください」
この言い方がすごくかわいいのだ。

彼はなんでも知っている!
数字、文字、漢字、果てしなく知っている。
そのレベルは博士なみかもしれない。
私はそう思う。

博士なみと言えばしんぼ先生もすごい天才だと思う。
昔の歌、コマーシャルのフレーズ
小さい時みたドラマの内容、主題歌
そんなに知られてないアイドルの名前
普通はみんな忘れてしまうであろうことをすべて記憶している。

私はこの脳みそを毎日お借りして、スムーズに仕事ができている。
感謝しかないのだ!(笑)

tulip.jpg

ブログ発信(そよちゃん・かぜちゃん・新保浩・末吉景子)

soyocyan

ブログリーダーのそよちゃんから一言
「はじめまして、すまいるスペースそよ風の手紙のそよちゃんです。
ボクがリーダーとなって、日々の出来事で感じたことをブログで発信しますね。管理者の新保や児童発達支援管理責任者の末吉、そしてかぜちゃんも書き込むみたいですョ~。どうぞよろしくお願いいたします。」

検索フォーム
QRコード
QR