fc2ブログ

そよちゃんのひとりごと

すまいるスペースそよ風の手紙の新保・末吉・そよちゃん・かぜちゃんが発信します

嬉しいできごとと、夢のような時間

投稿日:2022/06/09 |  カテゴリー:しんぼ先生のひとりごと
今日、夢のような時間を味わうことができました。


それは、児童発達支援の児童が、
一人ずつお迎えで、いなくなってゆく時間のできごとです。

一人ずつお迎えが来て、
今日は、最後にWちゃんが残りました。
そんなことで、外でお迎えを待つことにしました。

しばらくママを待っていましたが、お迎えが来ません。

そのうち、Wちゃんが、手をつないでいた私の手を引き、自ら坂の下へ下り始めました。
そして途中でピタっと立ち止まり、泣きべそをかき始めました。

そんなわけで、児発管の末吉と私でWちゃんの手をつなぎ、ママの迎えに来る方向へ歩くことにしました。

20220609152220f9a.jpeg

Wちゃんは、泣き止み、すたすたと歩き始めました。

しばらくすると、小さな公園が見えてきました。

「そうだ!すべりだいをすべろうか!」


と言うと、

Wちゃんは、すべりだいに一目散。階段を一段ずつ上りはじめました。

20220609152218363.jpeg

私は、足を踏み外さないように、ヒヤヒヤしながら後ろからサポートしていましたが、

すべり台って、こんなに高さがあるんだっけ?
息子とすべって以来だから、20年ぶりぐらいかな。。。(笑)

Wちゃん本人は、どこ吹く風。
一番てっぺんまで来ると、楽しそうにすべり始めました。

20220609152229361.jpeg

すごーい!
ちゃ~んと、一人ですべれるんだ!


と思ったら、次は鉄棒のところへ走るWちゃん。

しっかりと鉄棒にぶら~んと、ぶら下がっていました。

202206091522259fc.jpeg

すごーい!
そんなことも、できるんだ!


Wちゃんの室内での姿は知っていましたが、屋外での姿に驚かされるばかりでした。

ふだん支援者である自分も、時間外になったら、Wちゃんはかわいい孫のような存在。

孫と遊べてうれしい、じいじなのでした。(笑)



その後、慌ててお迎えに来られたママは、平謝りでしたが、
遅れた理由をお聞きして、私たちはとても嬉しくなりました。

私たちが目指しているのは、
ママたちがお子さんと離れている時間を、充実した時間で過ごされていることなのです。

だから、今回、4時間という時間の中で、ママが充実した時間を過ごしていただいていることを知り、心から嬉しかったのです。

本当に、良かった!!!


それと、Wちゃんと遊べたことは、夢のような時間でした。

Wちゃん、ありがとうね。
ブログ発信(そよちゃん・かぜちゃん・新保浩・末吉景子)

soyocyan

ブログリーダーのそよちゃんから一言
「はじめまして、すまいるスペースそよ風の手紙のそよちゃんです。
ボクがリーダーとなって、日々の出来事で感じたことをブログで発信しますね。管理者の新保や児童発達支援管理責任者の末吉、そしてかぜちゃんも書き込むみたいですョ~。どうぞよろしくお願いいたします。」

検索フォーム
QRコード
QR